Twitter ガジェット

お気に入り

  • [プレスブログ]価値あるブログに換金可能なポイントを差し上げます。

内部リンク

芸能人ブログ

バナー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

家電(Consumer electronic)

10のデジタル機能が詰まったリストウォッチ「sWaP Rebel」

1つにたくさんの機能がつまった製品はこれまでにもたくさん発売されていますが、今回は、リストウォッチに身の回りのデジタル機器の機能を全て詰め込んだ「sWaP Rebel」を紹介したいと思います。

swap_02.jpg

リストウォッチという小さなサイズの中に10を超える機能があり、持ち運びにも便利なデジタル機器となっています。

詳しくは以下

swap_01.jpg

時 計としての機能はもちろん、電話・メール・カレンダー・ミュージックプレイヤーなど、まだまだ多くの機能がついたリストウォッチとなっています。タッチパ ネルで簡単に各機能を選ぶことができるので、使い方も簡単。もちろんBluetooth接続もあるので、時計に向かって喋りかける必要もありません。デー タも持ち運ぶことができるので、この一台があれば、いくつもあるデジタル機器が1台にまとまり、スマートに持ち運ぶことができます。

忘れてしまったときの代償は大きいですが、1つになっているということもあり、持ち忘れるものがなくなるので、忘れ物が多い方には特に重宝してくれそうです。持ち物を少なくスマートにしたいと思っている方には必須のアイテムではないでしょうか。



       
Andorid端末の生みの親ともいえるグーグルが、Andorid2.3を搭載した新スマートフォン「Nexus S」を2010年12月16日より発売することを明らかにした。
モバイルユーザーの中には、どのような端末であるのかが、気になる人も多いだろう。そこで、グーグルが公表している「Nexus S」の写真を集めてみた。

















Nexus S - The new Android phone from Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter

次世代 iPad は「カメラ搭載で来年Q1発売」説


気付けばiPadの発表からまもなく一年。iPodファミリーやiPhoneに 倣って年に一度は更新されると考えれば、そろそろ次モデルの噂が聞こえてきてもおかしくないころです。そんなところへ、iPad 2(仮)は今度こそカメラを搭載する、という情報が入ってきました。おなじみDigiTimesが伝えたもので、台湾Largan Precision(大立光電)が台湾証券取引所に提出した書類の中に、同社が「来年Q1に発売される次期iPad」の「レンズモジュール独占サプライ ヤー」になったという文面があったという内容です。LarganはiPhone 4向けにカメラモジュールを提供したと言われている企業。またChina Timesは、Larganが独占で受注を受けた背景に、同じくiPhone 4向けにカメラモジュールを提供していたGSEO(玉晶光電)が余剰生産力のない状態だったため、と伝えています。

iPad 2については先月末に中国Economic Daily News紙が「次期iPodはデュアルカメラ搭載、テレビ電話対応、新ディスプレイに新タッチ技術採用、USBポート搭載」というずいぶん奮った記事を掲 載しており、今回の情報もその路線に沿うといえば沿うものです。すでにGalaxyTabをはじめ、他社製品ではデュアルカメラ搭載タブレットも珍しいものではなくなってきていますし、そもそも現行iPadについても分解してみるとカメラモジュールにぴったりのすき間があったり、新iPod touchにもようやくカメラが付いてFaceTimeに対応したりと、新iPadはカメラ採用、そしてFaceTime対応というのは自然な流れと考えられます。

ちなみにEconomic Daily News紙は夏頃「7型のiPadが出る」と報じていたところ。ジョブズはその後「7インチのタブレットは紙ヤスリも同梱しないと使い物にならない。ユー ザーが指を1 / 4 サイズに削って操作できるように」「タブレットの最低サイズは10インチ」と現行iPadのサイズが適正であることをあらためて表明していましたが、綿密な伏線をぶち壊すことには定評のある企業だけに、こちらの帰結も気になります。

PS3の最新グラフィックで遊びたい初代PSの人気タイトルランキング


で遊びたい初代PSの人気タイトルランキング

11月29日 22時30分

予想通り? あのRPGシリーズが上位を独占
 1994年に発売され、いわゆる「次世代機ブーム」の主役を担った家庭用ゲーム機といえば、皆さんもご存じの「PlayStation(プレイステーション)」。その流れを汲む最新モデルとして2006年に登場した「PlayStation 3」は、初代PSとは比較にならないほどの性能へと進化し、実写と見間違うほどのリアルなグラフィックでゲームを楽しむことができるようになりました。


ランキングをもっと見る
 そのPS3の美しいグラフィックで初代PSのタイトルを遊ぶなら何が良いかを聞いたところ、スクウェア・エニックスの人気RPG「ファイナルファンタジー」 シリーズ3作品が上位を独占しました。最も支持する人が多かった《ファイナルファンタジーVIII》は、兵士の養成学校に通う主人公と仲間たちが、力を合 わせて魔女と戦う物語。もしPS3でのリメイクが実現すれば、広大な宇宙空間をバックに主人公が魔女からヒロインを間一髪のところで救い出す名シーンが、 さらに感動的なものになりそうです。 「ファイナルファンタジー」シリーズ3作品に次ぐ人気となった《ゼノギアス》も、同じスクウェア・エニックス(発売当時はスクウェア)から発売された大作 RPG。独特の世界観と完成度の高さで、文化庁メディア芸術祭の10周年企画として行われたアンケート「日本のメディア芸術100選」では「自由記入欄で得票数の多かった作品」として3位にランク・インしています。現在もPS3やPSPでインターネットからダウンロード購入することは可能ですが、「できることなら美しいグラフィックでリメイクを」と望むファンは多いようですね。

 注目したいのは、1998年にシリーズ第1作が発売されたレースゲーム《爆走デコトラ伝説》でしょうか。いわゆる「デコトラ(アートトラック)」を題材 にした作品で、単にレースをするだけでなく、愛車に「これでもか!」とばかりにデコレーションを施せるのが特徴です。もしPS3でリメイクされれば、実車 顔負けのとびきり派手なデコトラの勇姿を楽しむことができそうですね。

大本命! ソニー電子書籍端末「Reader」速攻動画レビュー

101125photoimp.jpg

これはほんと読書家のための端末ですよ。

本日国内発表になったソニーの電子書籍端末「Reader」の動画レビューをお届けしたいと思います。

・書籍閲覧編

ページ閲覧が速い速い!

Kindleに代表されるE-Ink液晶は、見やすさは紙に近く非常に読みやすいことが利点ですが、描画が遅いのがネックでした。しかし動画を見ていただくとわかるように「Reader」の描画はとても速いです。文字大きさの変更もタッチパネルで簡単に操作できるのもグッド。これだけ描写が速いと本当にストレスなく読書できますね。

・文字入力編


書籍内で文字を検索してみました。描写が速いのと日本語変換が頭が良いので、初めての入力もこんなにスムーズにできました。

101125readerga001101125readerga002101125readerga003101125readerga004101125readerga005101125readerga006101125readerga007101125readerga008101125readerga009


持ってみて感じたのは、読書を強く意識して作られているということ。自分自身iPadで山手線で漫画を読んだりします が、重いし、大きいので正直片手でもって本を読むスタイルはどうしても馴染めませんでした。しかしこのReaderは文庫本サイズに、たったの200gと とても軽いのでどこでも気軽に楽しめる真の読書家のための端末と言えます。これはiPadやガラパゴスと比べても非常におおきな魅力です。

また、端末もコンテンツも完全日本化されてますし、12月10日のローンチ時点で約2万冊の提供も決まっています。コンテンツの充実と読書に特化した端末で攻めるソニー。期待したいですね。

ソニーの電子書籍端末「Reader」は12月10日発売。予想価格は5インチ6インチモデルがそれぞれ2万円、2万5000円前後となっています。


Acerからデュアルタッチ画面タブレット / ノート ICONIA


Acer がデュアルスクリーンの タブレット / ノート ICONIA を発表しました。東芝の「世界初の2画面タッチノート」libretto W100 は7型ワイド x 2のモバイル向け製品でしたが、ICONIA は従来型のノートに近い14インチ x 2枚。上下ともマルチタッチ入力に対応しており、二画面に渡ってコンテンツを表示することも、下画面に独自のタッチUI やバーチャルキーボードを表示して従来型のノートのように使うことも可能です。Acer の表現では「デュアルスクリーンタブレット」「タッチブック」。

OSにはWindows 7 を採用しつつ、10点マルチタッチと2画面を活かした独自のインターフェースやタッチアプリを多数搭載するのが特徴です。写真で下画面に映っている輪はそ のひとつ「Acer Ring」。画面に片手を置いて掴む動作 (5本指ピンチ) で呼び出すことができ、リング部分にはバーチャルキーボードやジェスチャエディタなどのクイック起動アイコンが、外周にはめくって選べるタッチアプリラン チャが、中央にはジェスチャコマンド入力ゾーンが配置されています。アプリはエイサー製のタッチ画面オールインワンなどですでに採用されている TouchPhoto, TouchVideo, TouchMusic などに加え、全画面表示2枚を活かした My Journal、Scrapbook、ソーシャルストリームアプリ SocialJogger がプリインストールされます。

発表されたメディアイベント会場では触れる実機が用意されているものの現状では「コンセプトデバイス」とされており、具体的な発売時期、価格などについて は情報なし。現時点で分かっている仕様は上下画面とも14インチ 1366 x 768 Acer CineCrystal LEDバックライトディスプレイ (耐久性に優れたGorilla glass パネル)、Core i5-480M / 560M / 580M CPU、4GB RAM、Intel HDグラフィック (128MB RAM)、320 / 500 / 640 / 750 GB HDD、Acer CrystalEye ウェブカメラ (1024 x 768) 、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 3.0+HS、USB 2.0 x 2 とUSB 3.0 x1、1Gbit LAN、4セルバッテリーで6.18ポンド (約 2.8kg)など。



暖炉の火も味わえるテレビ Safretti「Productline Double Vision」

ほとんどの人が家に一台は持っているであろうテレビ、大きさやデザインなどもさまざまですが、今回紹介するのは、暖炉やストーブのような火も味わうことができる、Safrettiのテレビ「Productline Double Vision」です。

doublevision01.jpg

全面がミラーのような仕様になっているのも特徴ですが、テレビの下の部分が火を灯すスペースになっているという、スペースを有効に利用したテレビとなっています。

詳しくは以下

doublevision02.jpg

高さを出すことでデットスペースとなりがちな部分を、暖炉の火を灯す場所として楽しめるというデザイン。テレビのデザイン自体がスタイリッシュな雰囲気ですので、現代のインテリアにもぴったりマッチするのではないかと思います。

薄型の液晶ディスプレイですので、大型の暖炉やストーブとは違って、省スペースで設置することができるのも嬉しいですね。インテリアにスマートさを求める方に特に最適なアイテムではないでしょうか。

Double Vision Fireplace By Safretti Features A LCD TV As Well!


海外展開や医療・教育も視野に入れたシャープのスマートフォン!【ITフラッシュバック】

気になるITニュースを振り返る「ITフラッシュバック」は、シャープのスマートフォンをピックアップしよう。シャープは11月15日に冬から春に向けて 登場する携帯電話、スマートフォンの説明会を開催した。そのなかでもスマートフォンはau「IS03」「IS05」、ソフトバンクモバイル 「GALAPAGOS Softbank 003SH」「GALAPAGOS Softbank 005SH」、NTTドコモ「LYNX SH-03C」の全5機種となり、一度に発表するラインアップとしては業界最多となる。急拡大していくことが予想されているスマートフォン市場に対応した 形だ。その先陣を切って「IS03」が11月26日に発売されるのだ。

ポイントは、ラインアップの早期拡大、国内仕様・サービスの取り組み、3Dエンターテインメントを端末とコンテンツの両面で展開するという3つ。


シャー プではスマートフォンに、国内の携帯電話で一般的な機能やサービスを取り込んでいる。そのひとつがカメラで、960万画素カメラ、HD動画が撮影可能、多 彩な機能を持つなど本格的なカメラ機能を搭載した機種を投入している。携帯電話の機能としてカメラを重視しているユーザーは多い。カメラ機能が充実してい ることは重要なのだ。また、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など、携帯電話で使えた定番機能をスマートフォンに展開している。ワンセグはタッチイ ンターフェースで簡単操作を実現、赤外線通信はIrSimpleやIrSSに対応、液晶テレビのAQUOSへも画像を送信できる。このような日本オリジナ ルの機能をスマートフォンに採用することで、携帯電話からスマートフォンへ乗り換えやすくしている。

新感覚エンターテインメントとして 3Dに対応した。ディスプレイは視差バリア方式を採用し、専用メガネ不要で立体視が可能だ。2Dで撮った写真を3D変換する3D変換機能、シャッターを押 しながら横に端末をスライドすることで左目用と右目用の2つの写真を撮影して3Dコンテンツを作成する3D写真撮影機能を持つ。
いくら3D対応と いってもコンテンツがなければ楽しめない。そこで、ゲームや動画などの3Dコンテンツを端末にプリインストールした。それ以外に、シャープ公式サイト 「GALAPAGOS SQUARE」に3Dギャラリーを開設し、配信を行う。12月1日からは「スマートフォン 3Dコンテスト」を開催し、3D画像や動画を募集する。

デザインにもこだわっている。「LYNX SH-03C」はスマートフォンらしいスタイルとデザインの差別化を両立するために、3Dを表現するプロダクトデザインとしてクリスタル調フレームを採用 した。さらに購入ユーザーから抽選で計2040名に「LYNX 3D オリジナルデザイン背面カバー 102種類」をプレゼントする。これで、気分にあわせて毎日デザインを変えられるようになる。

シャープでは、豊富なスマートフォンのラインアップ、AQUOSとの連携などを進めることでスマートフォンの可能性を最大限に引き出していくようだ。エンターテインメント、eコマースだけでなく、医療、教育、BtoBへの展開も予定している。

Windows XP搭載ケータイ xpPhone ようやく発売

Grippity 1同様、二 年くらい前から「まもなく発売」と予告していたxpPhoneがついに発売となりました。中国ITG社のxpPhoneは、名前のとおりWindows XP(Embedded)をOSに採用する、携帯電話、スマートフォン、MID、そのようなものです。仕様はAMD Super Mobile CPU(?)、4.8型・解像度800x480のタッチスクリーンディスプレイ、キーボード、512Mメモリ、WiFi 802.11 b/g、Bluetooth 2.0+EDR、GPS、イヤホンジャック、VGA端子、USB 2.0といったところ。ストレージには16GBか8GBのSSDが選べます。大きさは175 x 84 x 25.5mm。重さはバッテリー抜きで345g。2150mAhバッテリーを内蔵しており、通話で5時間利用、「リアルライフ」で7時間動作するとのこ と。ちゃんと通話ができるEVDO 800MHz対応3Gバージョンだけでなく、3Gなしバージョン(WiFiモデル)もあり。お値段は3G版が16GBモデルで876ドル、8GBモデルは 798ドル。3Gなし版だとそれぞれ810ドル、732ドル。おまけに3Gなし・WindowsなしのDOS版もあって、こちらは765ドルと666ド ル。別途、けっこうな額の送料も必要です。

OS XでiOS AirPrintを有効にする方法!

リモートデスクトップ
インターネットで画面共有 ソフトのダウンロードは無料!
www.TeamViewer.com

101118enableiosairprint.jpg

アップルから最近リリースされた10.6.4では、AirPrint共有プリンタサポートが、こつ然と姿を消してしまい、iOSのプリントサポートが使用不可能状態となっています。うーん、困った...という方のために、iOSデバイスでプリンタを共有する方法をご紹介。



USB メモリを指すと自動的にバックアップしてくれるユーティリティ「USB Flash Copy」

Windows 専用だが、USB メモリのバックアップをとりたいときに便利なツールのご紹介。個人用途だったら無料で使えるフリーウェアだ。

この USB Flash Copy を使えば、USB メモリを刺したら自動的にバックアップをしてくれる。

またバックアップされるのは新しく追加されたファイルと更新されたファイルのみなので処理もスピーディーっぽい。

さらにステルスモードもあり、画面にコピー状況を表示しない、といった設定も可能だ(これは有料版のみの機能)。

よく USB メモリを使う人は知っておいても良いかもですな。

(記事提供 : 百式

サイト名:USB Flash Copy
http://www.usbflashcopy.com/

サンコー、手のひらや甲にヒーター内蔵「USBあったか手袋」を発売

サンコー(株)は、パソコンやACアダプターなどのUSBポートに接続するだけで、すぐに手袋内部が暖まる「USBあったか手袋」を発売した。カラーはブラック、ダークブラウンの2色と女性向けサイズの3種類。

USBあったか手袋をPCやACアダプターなどのUSBポートに接続すると、手袋内部のヒーターが暖まり、手のひらや甲を通して指先まで暖めてくれる。寒い時期のパソコン作業で手先が冷えて困る人には便利。両手使用時でもUSBポートは1つですむ。

ブラック、ダークブラウン
サイズ:H160mm×D110mm×W20mm、USBケーブル:約160cm、重量:約55g
for WOMEN
サイズ:H185mm×D95mm×W30mm、USBケーブル:約158cm 重量:約70g

thanko_usbgl
USBあったか手袋 ブラック

thanko_usbglo_w
USBあったか手袋 for WOMEN

USBあったか手袋
価格:1980円
問い合わせ:03-5297-5783
URL:http://www.thanko.jp/

携帯電話〜家電まで、様々なデバイスのサウンドを向上させるSRSの技術とは


米国カリフォルニア州サンタアナを拠点とするSRS Labs,Inc.は、オーディオプロセシング処理ソリューションで業界をリードする企業だ。同社のプロダクト・マーケティング・ディレクターであるク レッグ・マーキング氏に、PC/携帯電話などに搭載されているSRSの最新サウンド技術と国内発売を間際に控えた「iWOW Adaptor for iPod and iPhone」についての話を伺った。

               
          

「CEATEC JAPAN 2010」に出展されたSRS Labsブース。社名のSRSは、アーノルド・クレイマン博士が1993年に開発した民生用の音響技術SRS(Sound Retrieval System -立体音場再生システム)に由来しているとのこと

Windows Media PlayerやSliverlightにも採用されたSRS技術

同社のサウンドテクノロジーの基礎は、同社の創始者アーノルド・クレイマン博士が、音響心理学理論をベースに開発したもの。実際に人間の耳がサウン ドをどのように捉え、どう感じているかといった音声プロセスにおける人間的な要素を追求し設計したものとなっている。これまでに、同社が手掛けるオーディ オ補正 / 音声処理 / サラウンドサウンドなどのサウンドおよび音声ソリューションは、薄型テレビなどのホームエンタテインメントをはじめ、パーソナルコンピュータ、携帯電話 / スマートフォン、車載用デバイスなど、各種分野において幅広く採用されているという。

また、「SRS 5.1サラウンドサウンド技術」は、2010年9月にマイクソフトのWebアプリケーション開発フレームワーク「Sliverlight」に採用されたこ とも発表されている。Silverlightで作成されたコンテンツに、本技術を採用したことにより、さらに高品位かつ低ビット効率でサラウンドサウンド を手軽に実現できるようになったとのこと。なお、マイクロソフトと同社の協力関係は長く、Windows Media Playerには2000年5月から10年以上に亘り同社の「SRS WOW」技術が標準搭載されている。つまり、ほとんどのPCユーザーが知らないうちにSRS技術の恩恵に与っているというわけだ。

                       
                                

サムスン製スマートフォンに搭載されたSRS5.1(右)、Silverlightコンテンツを使った5.1サラウンドサウンドのストリーミング(中央)、最新テレビに標準で組み込まれたSRSシステム(左)

ユーザー待望のiPhoneおよびiPod用iWOW Adaptorを体験

「CEATEC JAPAN 2010」の同社ブースでは、米国で発売され、話題をよんでいるiPhoneおよびiPod用アクセサリー「SRS iWOW Adaptor for iPod and iPhone」(以下、iWOW Adaptor)も初公開された。本製品を用いることで、音楽/映像/ゲームなどの様々なコンテンツの音質が向上し、臨場感溢れるサウンドを実現してくれ るという。使い方はiPod/iPhoneのドックコネクタへダイレクトに接続するだけと非常にシンプルだ。

また、本製品にはiTunes用(PCM/Mac)などでもお馴染みの同社iWOWソフトウェアプラグイン「SRS iWOW Premium for iTunes」同等のテクノロジーを内蔵。ヘッドホンをはじめ、外付けスピーカー/車載オーディオシステムなどで、クリアでディテール感に優れたサウンド を楽しむことができる。iPod touch(2nd)、iPod Classic(120/160GB)、iPod nano(5th)、iPhone 3G/3GS/4、iPadでの利用が可能だ。さらに、AppStoreから無料ダウンロードできる「SRS iWOW App」を用いることにより、サラウンド/低域/広域の調整も簡単に行える。本製品は近日中には国内販売も開始されるとのことなので、サウンドにこだわる iPod/iPhoneユーザーは、ぜひともiWOW Adaptorを試してみてほしい。

                       
                                

本製品は、サウンド機能だけでなくボディーもiPod/iPhoneとベストマッチするようデザインされている。また、iPadでも利用することができる。写真右は、現在開発中という、さらに小型化された新型iWOW Adaptorの試作機

                     
                                

各モードごとに「iWOW Adaptor for iPod and iPhone」の設定をカスタマイズして、プリセットとして保存しておくことのできる専用アプリ「SRS iWOW App」(無料)も用意。サウンドに関するクイズ(英語/難問)も備えられてい